NCデータ機種変換

「NCデータ機種変換」によるNCデータの自動変換

DNCシステムのネットワーク化にともない、加工現場での自動化、省力化を推進するツ-ルとして「NCデータ機種変換」が効果を発揮します。

「NCデータ機種変換」は、従来、CAM側で工作機械ごとにポスト対応していたNCデータの作成手順を、できるかぎり機種に依存しない形式で一本化(標準化)しておき、加工現場のオペレータの操作により、加工直前に目的の工作機械に合ったNCデータを自動作成します。
Gコード、Mコード、工具交換シーケンスなどを自動変換し、最終加工データを作成します。

「NCデータ機種変換」導入のメリット

CAMポストの標準化

CAM側で工作機械ごとにポスト対応していたNCデータの作成手順を、できるかぎり機種に依存しない形式で1本化(標準化)できます。

加工現場主導の対応

現場の状況に応じたNCデータをいつでも簡単に作成することができ、生産計画の変更や特急品による段取り変えが発生しても、加工直前に目的の機械に合ったNCデータを作成することができます。

人為的なミスの削減

NCデータの手入力編集による作業者負荷を解消し、入力ミスによる事故を防ぎます。

コスト削減

CAM側(ポスト対応)の依存度を軽減できるので、将来のCAD/CAMシステムの導入、更新時のポスト開発コストの軽減が図れます。

シームレスな運用

外注先とのNCデータのやり取りにおいても、使っているCAD/CAMの違いによる制約を緩和することが可能です。

 

変換時の動作

一括自動変換方式

あらかじめ設定された変換パラメータに基づいて、最低限の問い合わせ(もしくは問い合わせなし)で、NCデータを一括自動変換します。オペレータの操作負担は殆どありません。

対話型表変換方式

まず、NCデータが自動解析されて、変換対象部分のみ表形式で表示されます。オペレータは、変換したい部分をプルダウンメニューや数値入力等で指示するだけで、状況に応じたNCデータを作成することができます。

直接NCデータを編集する場合に比べて、変換すべき部分のみが表形式で表示されるので、的確な指示を最低限の操作で行うことができます。

DNCへの自動連動とワークデータの自動削除

変換後、DNCによる送信を自動連動します。DNC送信後に不要となったワークデータは、自動削除します。

主な変換項目

Gコード変換

座標原点の変換

Mコード変換

クーラント、ミラーリング等の変換

S、Fコード変換

回転、送りの変換
工作機械側の有効範囲をチェックし、最大値の自動設定も可能。

O番号変換

メモリ入力用に自動ナンバリングや削除等

工具交換シーケンス変換

T, D, Hの割付けや、スケジュール運転時の工具交換シーケンスの自動挿入等

キーワード変換

もともとのNCデータ中に特殊なキーワードを含ませておき、工作機械に合わせて自動変換させる

データサーバ向け変換

ネットワーク対応の工作機械向けNCデータも作成可能。
変換後、NC機側にネットワーク転送も可

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-5764-2371